小学生留学にはこんなメリットがある!

年々留学を志す年齢は下がって行き、今や小学生で留学する子供がいるのも珍しくはない時代となりました。小学生を異国に留学させるなんて親としては心配な部分があるのは当然ですが、それを補うメリットが小学生留学にはあると言っても良いでしょう。
まず、小学生留学のメリットは何といってもまだ順応性が十分にある年齢なので、周りの環境に慣れるのが早いということが挙げられます。

サマーキャンプが最近こちらで話題になりました。

それに伴って言葉の習得の早さも大人の比ではありません。毎日まるでスポンジが水を吸い取るようにさまざまなことをすぐに覚え順応してしまうのが小学生というこの年代です。

特に語学に関しては、この時期に本場の言語に触れることでネイティブに近い発音を習得することも可能です。

また、海外では日本とは違い自分の意見をはっきり言わなければならない場面が多々あるので、自立心が芽生えるということもあるでしょう。

小学生留学のプランは、短いもので2週間程度から本格的な年単位の留学プランまであります。
興味のある方は、まず夏休み等を利用して短期のプランから始めてみてはいかがでしょうか。
たとえ2週間ほどの短期でも、ガラリと変わった環境の中で子供が学べることは沢山あります。また短期留学プランから帰国して、今度は本格的に留学して正規の学校に入って勉強したいと言い出す子供も少なくはありません。



グローバルな時代となった今、早いうちから日本とは違う環境に触れ視野を広げるということは、これからの時代に大変役に立つことではないでしょうか。