小学生留学をすることにはどんなメリットがあるのか

子供に留学をさせるケースは昔からよくありましたが、時代の流れとともに低年齢化がすすみ、現在では小学生留学をさせる家庭も多くなりました。
小学生留学の最大のメリットは、異なる言語や文化に早く順応できることです。

小学生の子供は、中学生や高校生の子と比較して飲み込みが早いといわれており、小学生留学をさせた場合、それより後の時期に留学を経験する場合よりネイティブ並みの語学力を身につけやすく、比較的早い段階で周りの同年齢の子供とコミュニケーションをとることができるようになります。

大学留学といえばこちらです。

また、学生のうちに留学をした人は、帰国した後の日本のカリキュラムへの対応も課題となりますが、留学期間が1年程度であれば、日本のカリキュラムにも短期間で対応できるでしょう。

留学先での生活においてもメリットが大きいです。日本では、進学する際に志望する学校によっては塾や習い事に通わなければならず、人によっては遊ぶ時間も満足に無いことがあります。

朝日新聞デジタルに有益な情報の紹介です。

しかし、留学をすると日本国内にいるときに感じる様々なプレッシャーから解放され、のびのびとした環境のもとで勉強に取り組むことができます。

また、小学生留学を経験すると、将来日本国外の有名校に進学するルートをとりやすくなります。



実際に外国の有名校に入れるかどうかは子供本人の努力次第ではありますが、留学を終えた段階でネイティブ並みの語学力が身についており、帰国後もその力の維持を怠っていなければ、中学時代や高校時代から目標に向けた勉強を始める場合より入学試験に合格する可能性は高くなるでしょう。